FC2ブログ
戸(のへ)のつく町から...

戸(のへ)のつく町から...

いつも一緒のPENTAX Q7と時々一緒のCanon eos80Dで青森(たまに岩手)の日常を撮ったPHOTOログです♪

 

岩手県二戸市に四戸城跡を訪ねて…

戸(のへ)のつく町から…という名前の当ブログ。
青森県から岩手県にかけて一戸から九戸まで地名はあるけど
四戸だけ残っていない(理由は諸説ありますが…)
この日は四戸城を訪ねて岩手県二戸市へやって来ました。
とは言っても車で15分くらいなんですが…


四戸城(別名 金田一城)…以前より話には聞いていましたが
実際にこの目で見てみようとやって来ました!
長寿寺の駐車場があったのでそこに車を置かせてもらって徒歩で向かうことに…


IMGP9417-1234.jpg
山門へ続く階段の手前を右に進むと八坂神社との別れに…
それを左側に進んで2か所石段を登ると写真は敢えて撮らなかったけど
長寿寺の墓地へ出ました。


IMGP9420_R.jpg
かなり広いところを歩いて探していると
墓地が途切れたあたりに何やら大きな石と看板のようなものが…


IMGP9423_R.jpg
近づいていくと四戸城跡と記されている碑とその隣に大きな石が…
この石は『べこ石』と呼ぶらしいけどどうやら由来は分かっていないようです。
今となっては四戸城が存在していた唯一の遺構といっていいのか…


IMGP9426_R_20161201222100f53.jpg
残念ながら説明看板の文字がほぼ消えているんですが
何とか書いてある文字を拾っていくと…
四戸城は上館、中館、下館の3つの曲輪からなっている。
南部氏の一族とされる四戸氏の居城であったが、
四戸氏がいつ頃から当地に居住したのかは良く分かっていない。
戦国時代末期、城主四戸宗泰の妹は、九戸城主九戸政実の妻で、
また宗泰の妻は政実の叔母であった。
四戸氏は、二戸地方で絶大な勢力を持っていた九戸氏とは親しい間柄であった。
しかし、天正19年(1591)の九戸の戦い(九戸の乱:九戸城参照) を前に、
四戸宗光(宗泰の嫡子で当時城主)は、弟金次郎の流言のため秋田へ逃れ、
病死した。そのため、 四戸城は九戸方に対する南部信直方の居城となり、
九戸の戦いの後、廃城となった。
と記されているよう…


IMGP9424_R.jpg
この地に四戸城なるものがあったなんて…一体どんなお城だったのか
今となっては知るすべがないのが残念です!


IMGP9431_R.jpg
ご覧のように辺り一帯は墓地!
早い時間だからまあいいようなもののお騒がせしちゃうと
アレなんであまり長居しないで帰ることにしましょう(^^;


IMGP9430_R_20161201222102a10.jpg
しかしこの景色を城主も眺めていたのだろうか…!?

IMGP9414_R_20161202042243e79.jpg
帰りに立ち寄った長寿寺と…

IMGP9416_R.jpg
長寿寺山門からの眺め…
四戸城があったとはいえここが以前四戸と呼ばれていたわけではなくこれも諸説あるようだが
五戸町浅水から八戸の櫛引八幡宮(以前は四戸八幡宮と呼ばれていた)辺りまでの
かなり広い地域が四戸と呼ばれていたという説があります。
一戸から九戸までの並び方を見ればいかにもと
納得してしまう並び方なのだが果たして…!?







いつもポチッとありがとうございます♪
にほんブログ村 地域生活(街) <br />東北ブログ 岩手県情報へ

にほんブログ村


スポンサーサイト



 
<-   12 2016  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

fourdoor0810

Author:fourdoor0810
当ブログへご訪問いただきありがとうございます♪
とある戸(のへ)のつく町の住人です。青森から岩手にかけてある戸(のへ)のつく町の魅力を少しでも伝えたい…って言うのはあくまでも目標で気が多いのでアレもコレもになってしまいますがほぼほぼ私的備忘ログ的内容でおおくりします♪どうぞゆる~くお付き合いの程を…よろしくお願いします^^




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

青森県 ブログランキングへ

ご訪問に感謝です~♪
フリーエリア

Archive RSS