FC2ブログ
戸(のへ)のつく町から...

戸(のへ)のつく町から...

いつも一緒のPENTAX Q7と時々一緒のCanon eos80Dで青森(たまに岩手)の日常を撮ったPHOTOログです♪

 

江戸時代の生活が垣間見れる -旧苫米地家住宅-

六戸の道の駅には六戸町の重要文化財である
『旧苫米地家住宅』が隣接していて、無料で見学することができます!
まるで日本昔話にでも出てきそうな家です。
今日は時間もあるので中を覗いていきたいと思います。



前の説明板を見ると…
六戸の奥入瀬川流域に現存する家屋では最古と思われる。
この地方の建築手法の進展状況などから、江戸時代後半に建てられたものと推測されている。
この住宅には、式台と呼ばれる施設が設けられており、当時は武士階級の住宅に限られた
出入り口(正面左側)であり、身分や家の格式が伺える。…というようなことが書かれていました!
立派な茅葺きの屋根が歴史を感じさせてくれます...屋根の中央は「煙出し」ですかね!?


IMGP5025_R.jpg
玄関を入ると右手に馬屋がありました!
昔は馬も家族同然に大事にされていたんですね~。
当ブログのタイトルにもなっている戸のつく町...の戸は
馬の牧場の囲いの意味があるのだとか...
戸のつく町はいずれもお馬さんとは密接な関係があるんですよね~!



IMGP5026-1234.jpg
馬屋の裏の板庭と呼ばれるスペースには
唐箕(とうみ)や脱穀機など農作業に使う道具が置かれていました!



IMGP4957_R.jpg
数多く展示されている生活用品等から当時の暮らしが垣間見れます。


IMGP4994_R.jpg
玄関入ると正面は通り土間になっていてカマドに
囲炉裏があって台所スペースになっています。



IMGP5042-1234.jpg
左上から時計回りに…
『手回し式洗濯機』今もコレってありますよね。
『えんつこ』青森の方言でゆりかごを意味する育児用具!
『間取り図』外観からは想像できない広さでした。
梁や通し柱など複雑に組まれていていかにも頑丈そうな作りです



IMGP5016_R.jpg
立派な流し!新しく作ったのかキレイです。
お湯は~…もちろん出ませんよね(^^ゞ



IMGP5017_R.jpg
藁が敷いてあるだけの布団!?頭も身体も痛くなりそう...
まさか冬にこれはないですよね?どう考えても夏仕様だと思いたい。
それに隙間風の冷たいこと...(^^ゞ



IMGP5020_R.jpg
当時の着物でしょうか…


IMGP4973_R.jpg
ここにも藁で編んだお馬さんが…d(▽ ̄*
昔ながらの建築と暮らしを今に伝えるこの建物…
つい昔の暮らしに思いを馳せてしまい長居してしまいました。








いつもポチッとありがとうございます♪

にほんブログ村 地域生活(街) <br />東北ブログ 青森県情報へ

にほんブログ村



スポンサーサイト



 
<-   03 2016  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

fourdoor0810

Author:fourdoor0810
当ブログへご訪問いただきありがとうございます♪
とある戸(のへ)のつく町の住人です。青森から岩手にかけてある戸(のへ)のつく町の魅力を少しでも伝えたい…って言うのはあくまでも目標で気が多いのでアレもコレもになってしまいますがほぼほぼ私的備忘ログ的内容でおおくりします♪どうぞゆる~くお付き合いの程を…よろしくお願いします^^




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

青森県 ブログランキングへ

ご訪問に感謝です~♪
フリーエリア

Archive RSS