FC2ブログ
戸(のへ)のつく町から...

戸(のへ)のつく町から...

いつも一緒のPENTAX Q7と時々一緒のCanon eos80Dで青森(たまに岩手)の日常を撮ったPHOTOログです♪

 

奥入瀬渓流 2020秋

F2D3F843-00E3-4D7A-BE70-4EE4974352DA.jpeg
奥入瀬を代表するビュースポットの一つの阿修羅の流れ
昨秋はあまり天候に恵まれずこの日もどんより曇り空だったんですが
ちょうど雲の切れ間から夕陽が差し込んでくれました









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



 
 

カミのすむ山十和田湖光の冬物語 by FeStA LuCe その2


さて...真っ赤な鳥居をくぐり石段を上っていくと
闇夜にポッカリと十和田神社が浮かび上がっています!



47C9A060-9B64-405D-BAD0-F9D8089ED2B2.jpeg
この時間に来る事なんてなかったのでとても新鮮です!


D830A2F1-43F8-499F-9E1E-439B73C93693.jpeg
なかなかないこの機会にしばらく眺めていると
拝殿が七色に変化していき流れる音と相まって荘厳でなんとも幻想的...



2D2E0B94-EED8-48C4-8E3F-8792DA89508D.jpeg
参拝する人も次から次に訪れます


83DA696C-CC24-4C0A-A8B3-1A317A66D6EC.jpeg
こちらは『魂の光とされるエリア


F00716BB-B854-4555-9156-949D439302FF.jpeg
しばらく見ていた中でこの色の組み合わせと時折後ろの木々に
光が当たって白く浮かびあがる様がゾクっとする位美しくて印象的でした!



B0950A9F-AF51-4120-A74F-40275065FCC6.jpeg
十和田神社を後にして手水舎を『乙女の像』へ歩いていくと
『気の光』のエリアに変わります!



74F2E691-9C99-4E47-A8EB-36EDD32618B2.jpeg
さまざまな色の光が縦横無尽に森の中を動き回り
写真では表現しきれなかったけど光芒はまるで
身体を貫くように伸びてきます



0A38A824-9B13-4E77-8E3F-E176FEABFF10.jpeg
鏡でできた森のクマさんや狐やウサギなどの動物が
あちこちに潜んでいるのでぜひ見つけてみてください!



8FFDF2AC-B781-4D03-B294-C7B9523DF26E.jpeg
時折、霧に覆われたようにスモークも出て一層幻想的に...


C9800791-DC10-497E-8F4C-A396D67F4E16.jpeg
そして『気の光』のエリアを抜けると....


2ECB0979-4CB0-4746-8B3F-E12575B7A4A3.jpeg
またしても身体の下を通り抜けられそうな位
大きな光の鹿の先に『乙女の像』が見えてきました!



0C97F155-403A-43A0-AEBC-9F6B6FFF6CF4.jpeg
誰か見上げている人がいれば大きさも伝わるし
すごい絵になるんだけどな〜



06340183-A211-46FA-B4F2-F824E3EA2710.jpeg
十和田湖のシンボル『乙女の像』です!


54018379-789D-4A16-963F-04195E51B2A6.jpeg
この『FeStA LuCe』はイタリア語で『光のカーニバル』の意味
オーストリアの国際的なイルミネーションメーカーMK Illumination社
屋外照明メーカー株式会社タカショーデジテック
LED デジタルライティングを得意とする照明メーカーの
カラーキネティクス・ジャパン株式会社という国内外の
イルミネーションメーカー計3社がプロデュースしたイベントで...



9A7C45F0-9294-4AAD-B9B6-1ED662484ECC.jpeg
2017 年から和歌山で最初に開催されすっかり冬のイベントとして
県内外から認知されたイベントになっているそうです
国内で2例目の開催地に選ばれた『十和田湖光の冬物語』もなんとか
新たな冬のイベントとして定着して欲しいものです!


開催期間:令和2年12月18日(水)〜令和3年1月31日(日)
開催時間:17:00〜21:00(最終受付20:30)
会場:十和田神社周辺
入場料:前売り1200円 購入は⇒コチラから
****当日売り1600円 会場で購入できます


私が訪れた時はまだ雪が積もってなかったけど雪が積もってたら
さらに幻想的な光景に出逢えるかもしれませんよ♪
良かったら是非!d(^_^o)






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

 
 

カミのすむ山十和田湖光の冬物語 by FeStA LuCe その1

昨年まで十和田湖の冬のイベントと言えば『十和田湖冬物語』だったんですが
今年は『カミのすむ山 十和田湖光の冬物語 by FeStA LuCe』
11月18日より新たに始まったので早速行ってきました


十和田神社周辺の歩道約1kmを地元に残る十和田湖伝説をモチーフに
『生の光』『風の光』『魂の光』『主の光』『願の光』『気の光』の
6つのテーマに分けて冬の十和田湖を幻想的に演出されています



575E6BC1-9D6C-471D-94BE-FCB2B22B5BD5.jpeg
まずは十和田神社の入口の鳥居から...
奥のライトアップされた幻想的な様子に期待度が上がります!



22BD3359-677E-4B9D-848F-74389239DA2A.jpeg
鳥居を潜るとそこは『生の光』のエリア


FCBD6877-AA94-4539-BD75-EF48654F35E2.jpeg
光の球体で彩られている参道を進んでいくと
さまざまな光の動物を纏ったアーチが見えました



12DD4FF4-895F-4F80-AD33-4E95B9334877.jpeg
まさに動いて森の中を飛び回りそうな生き生きとしたオブジェ


3051A4B6-EE42-429B-8CEC-FDF110FA725F.jpeg
しかし十和田神社へと続く道のライティングの綺麗だこと...
普段の静かな雰囲気のある参道をここまでの世界観に変えるなんて凄い!



6A1286F9-B8F5-46E0-BA57-53E346ECF8BE.jpeg
その真ん中に威風堂々と立っていたのは森の主!?


CA7603C6-8615-4B64-9EFD-3CE78911511C.jpeg
この光の動物がとにかく大きくてビックリ...
だがイマイチ伝わらないのがもどかしい...
リアルでもこのくらい大きいんだよな〜本物も見てみたい



F3465693-197B-4AAD-9F56-61E3FCF0E590.jpeg
コレだったら少し伝わるか!?


07022DD3-787E-4289-8AF8-DA207096712B.jpeg
続いてテーマは『風の光』エリアへと変わっていきます!
前のエリアとはまた違った光と音で嵐の中にいるような感覚を覚えます



FA35A3CE-9253-4722-B9DF-165CC0020AA1.jpeg
『風の光』を過ぎると前方に鳥居が見えてきます


1012D9CB-D82E-443E-8F17-0A18BD216181.jpeg
ここにも光の鹿のオブジェが...


A61B1055-E79E-4F11-87CF-1AC107E83D0D.jpeg
夏のホタルもこの位の雰囲気だったら撮りにいけそうだけど...(^^;;


E7B4B920-75CF-44A8-BBC0-E99C745D1523.jpeg
さて...いよいよ十和田神社へ...
ここでアレッこの鳥居って赤かったっけかな?と思って
思わず前に行った時の写真を見返したらなんと石造りの鳥居でした!
みていると赤からさまざまな色に変化していく...
恐るべしプロジェクションマッピング!

って事で後編につづく...











にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
 
 

第55回十和田湖湖水まつり スカイランタンに『願いを込めて』

4878B5BC-44BA-4EF9-A8C6-4758941A9A91.jpeg
大分日も暮れて来て十和田ビジターセンター前に移動して来ました!


3BDBAA41-A641-4BC8-A777-E41CB63CFCB4.jpeg
28日から3日間行われた『第55回十和田湖湖水まつり』
例年なら花火大会が行われるんですが今年はやはり
新型コロナウイルス感染拡大を懸念して中止になったので
それに代わる『スカイランタン』を打ち上げるイベントを
実行委が初めて企画したって云うことでやって来ました




湖畔に目をやれば既にランタンを上げる方達がポツリポツリ
実は前からスカイランタンって一度観てみたいですと思っていたんですよね〜
『スカイランタン』って云うとタイの『コムローイ祭り』がなんといっても有名だし
日本なんかだと新潟の『つなん雪まつり』って云うのもあるけどなにしろ遠い
なので今回のこのイベントを知った時は小躍りしましたよ
なにしろ車で1時間チョットで来れますからね(´∀`)



8B76B1D2-9125-44EC-9506-A5F2374298D1.jpeg
打ち上げ前のひと時をドキドキで待ちます


81D06818-6D4E-4035-8FF9-9FA97C94FDDB.jpeg
暗くなってくるに従い徐々に集まってくる人々


00F8E3EB-8F01-410D-A392-562F49CBD3F2.jpeg
もう既に大分キレイ!
医療従事者への感謝を込めた青い色のランタンも...



66556AA8-94F0-4D44-BF3E-50D0CE8B41FB.jpeg
場所を移動して打ち上げを待ちます
ランタンの灯りが湖に映りキレイ...



B8362C9E-ED49-49A2-9FF9-14E6B1BC7A3D.jpeg
まだ打ち上げ前なんですがフライングで揚げてる人も...
打ち上げっぱなしの海外のスカイランタンと違って
ランタンに最長で15mほどに伸ばせる糸がついているため
打ち上げ後は回収して家に持って帰ると云う仕掛けになっています



ACB42FAE-130B-4D51-B336-B183F75466EE.jpeg
そしていよいよ待ちに待った打ち上げの瞬間!!


F8DAC77A-DE0D-417D-A89A-7DEFFE92C4BA.jpeg
海外のモノなんかに比べると規模は小さいけどそれでも
オレンジと青のLEDライトに照らされてランタンが
次々に夜空に舞い上がっていく様は感動したな〜♪



1A7EB73E-7285-4BA7-A879-3CA752C450D3.jpeg
まさに映画で観たラプンツェルの世界が目の前に...
この光景をカメラと共に目にもしっかり焼き付けましたよ!



EB5F640A-3E15-4406-B365-900C63EE62BF.jpeg
でもこの日は月明かりもなく打ち上げの時間帯は真っ暗
分っちゃいたけど撮影は大分難しかった...(ー ー;)
Rawで撮ったらどうにかなると思ってたけど
どうにもならないって事もあるんですね
全然持ち上がらなかった...f(^ ^;
出来たらポスターの写真くらいに空にまだ明るさが
残ってる感じの方がキレイだったと思うんだけどなぁ〜
まあこれは撮る側の勝手な意見ですけどね...



F84E25DD-7201-45B9-881E-BE5F2F6CF275.jpeg
最後はチョット遊んだりして...


279A4627-890F-4CCD-B5F0-87022094C262.jpeg
でもまさかスカイランタンが見れるとは思ってもみなかった
コロナ禍で様々なイベントが中止になっている中
これを企画してくれた関係者の方々に感謝
花火が中止になった今年限定のイベントと思いきや
来年も開催されるとか...!?
次は打ち上げ側で参加するって云う手もあるかな(*´꒳`*)
















にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村
 
 

青龍が宿るパワースポット『十和田神社』へ...


はい!この日は十和田湖までやって来ました。


193A5F11-C87A-47D8-B404-A79665512DDA.jpeg
目的の時間までまだチョット余裕があったので
久しぶりに十和田神社で参拝しようと思います
久しぶりって一体いつ以来かと考えると...(・・?)
このブログには一度も登場してないので5年以上前...
いやっ軽く10年は経っているかもしれません



3EC5DCD9-DAA1-4B61-9CD8-2AF12439183B.jpeg
鳥居をくぐり整然とした杉の大木の中を進むとどこか清らかで
神秘的な空気を感じとることができます



C9543B34-2CE4-402C-9925-041D61EDE72E.jpeg
しばらくすると『十和田神社』へ到着です!


68E7441A-C56C-4871-88D3-987F440A7EE8.jpeg
なんか手水舎からして神々しい感じがしてくる!


71B07F5A-C2F1-4B42-B600-782D8B493392.jpeg
みんな撫でているのか何故だか頭が青白く光っているような...
まずはここで身を清めて...



C9E1843E-D5A2-497F-936B-B88EA9548A03.jpeg
石段を上っていくと...


78D6D196-6F6A-4AF1-9057-9C6D4329D9D1.jpeg
十和田神社の拝殿が見えて来ました!


699B5466-8EF8-48DB-B01A-6C8476943270.jpeg
下北半島の恐山とともに修験道の霊場として信仰されてきた神社で
階段の方向に対して斜めに構えた配置に荘厳な雰囲気と共に美しさを感じます



787E9A47-0C7B-43E7-B0F5-B49A2E5710DF.jpeg
主祭神はもともとは水の神様である 『青龍大権現』を祀っていましたが、
明治維新のころの神仏分離により現在では武運と健康をつかさどる
『日本武尊
(やまとたけるのみこと)』を祀っています。
『十和田山青龍大権』は現在でも奥の院に祀られています



AB21CFB8-DFA0-45B0-B48C-B3EECB8F1F74.jpeg
青森ヒバ材を使った立派な拝殿の彫刻が神社の格の高さを感じさせるな〜


3B8EEAFD-55F3-4EC1-97DC-826DFA600AB2.jpeg
参拝!


87835291-863A-44BB-9B8E-86EA1272D61F.jpeg
十和田神社の拝殿はこの岩の上に鎮座していますが
この苔生した感じがとにかく目を惹来ました



21575CA2-99E8-451E-A63C-3FB6F9A90E62.jpeg


7E5F8F4F-3A73-40E4-B9EB-502E0FD2610E.jpeg
ここは時期にはヒメボタルも舞うんですがいくらロケーションが
良くてもこの場所で夜に1人でホタルを撮る勇気はないかな〜



714CABFD-256B-4A38-BA51-192A73E875B2.jpeg
帰りは『開運の小道』を通って来ました
道の脇には溶岩でできた祠が点在していて
『日の神』は開運・勝運・国土安泰をつかさどる神様
『天の岩戸』は勝負における勝利を願う際に助けてくれる神様
『金の神』は鉱山や製鉄を司る神『山の神』は狩猟、田・水の神様、
『火の神』はかまどの火を守る防火・鎮火の神様、
『風の神』は罪や汚れを吹き飛ばす神様が祀られています



08766DB4-E6B6-44FF-80AA-8801083B5AF3.jpeg
『金の神』は鉱山や製鉄を司る神なんですが
ついここだけ多めにお賽銭を入れて長めに手を合わせて来ました(^◇^;)



4E1E07A5-C44C-4DF7-8B75-D2EEB8B64878.jpeg
湖上に浮かぶ『恵比須大黒島』を眺めながら
気持ちの良い湖畔の道を通って...



B281B3C1-3EBC-48A1-BD65-49E386EFBC91.jpeg
遊覧船乗り場まで戻って来ました!
さてもう何人か手に持っている方がいるんですがこの日十和田湖まで来たのは...



157293CA-9FC4-4B18-8EB6-74DDC673BAED.jpeg
兼ねてから一度見てみたいと思っていたコレを見るため...
それはまた次回に...












にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村


 
<-   02 2021  ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

fourdoor0810

Author:fourdoor0810
当ブログへご訪問いただきありがとうございます♪
とある戸(のへ)のつく町の住人です。青森から岩手にかけてある戸(のへ)のつく町の魅力を少しでも伝えたい…って言うのはあくまでも目標で気が多いのでアレもコレもになってしまいますがほぼほぼ私的備忘ログ的内容でおおくりします♪どうぞゆる~くお付き合いの程を…よろしくお願いします^^




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 青森県情報へ
にほんブログ村

青森県 ブログランキングへ

ご訪問に感謝です~♪
フリーエリア

Archive RSS